【IR】IRを通じた好事例のアウトプット

本日からは新年度ですね!1年の計は元旦にあり!年度の計は期初にあり!

心機一転、新年度のIR方針を見直してみてはいかがでしょうか。

 

さて、業務委託先でのIR支援の1年間を振り返ると、コロナ禍を受けてESG/SDGsへの注目の高まりを肌で感じています。

その結果、上場企業へのESG/SDGsの開示の拡充の要請を強く感じています。

(E:事業全体のライフサイクルのCO2排出量を測定して欲しい、S:社会的問題を解決しているならそれを定量化したうえでKPIを設定して欲しい、G:社外取締役の人数・女性の取締役を・・・etc)

しかし、IR担当者や開示担当者も実務で忙しく、しかもESGについては手引きもなくて手探りの状態で「何を開示すればいいのかわからない」というのが多くのIR担当者の悩みだと思っております。

その様な中ではございましたが、IRの積み重ねを通じて機関投資家と一緒に課題を解決し、良い循環になっていると感じた好事例をアウトプットさせていただきます。

 

千里の道も一歩より。一つ一つのIR面談を全力で行ってみましょう!

【IRの実務経験からの具体的なアドバイス】に興味をお持ちいただきましたらお気軽にご連絡ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です